FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いい覚悟で生きる」 ことばの処方箋

アンニョンハセヨ?
今日のお天気は春がもうそこまで来ているかを思わせるようなお天気です。太陽の陽射は気持ちを上向きにしてくれますね

先日題目に惹かれるままに読んで見たいという衝動に駆られて一冊の本を購入しました。
「いい覚悟で生きる」という本です。

著者:樋野興夫著

順天堂大学でがん哲学に取り組む医師です。セカンドオピニオンやカウンセリングとは違う患者の人間性や尊厳に寄り添う個人面談「がん哲学外来」を提唱している方です。

「ことばの処方箋」が一冊になった本です。

抜粋:
「生活環境や言葉がちがっても心が通い合えば友達であり、心の通じ合う人と出会うことが人間の一番の楽しみである」ということがあります。
言語の違う外国人との交流をあげるまでもなく、言葉少なく寄り添うだけの関係や言語を持たない動物との交流でも、この教えに通じるのではないでしょうか。

あなたの身近に苦しむ人がいたら、余計な言葉を書けることよりまず、寄り添ってみてはいかがでしょう。支えてあげる、などという大上段に構えるのではなく、隣にさりげなく寄り添えばいいのです。黙って寄り添う事ならばどんな微力の人でも病気の人でもできるはずです。
寄り添う心には言葉を超える喜びを互いにもたらす力がきっとある。そのように私は感じているのです。
・・・

IMG_0422.jpg

本をお書きになった先生の優しさや人柄ら伝わり心が晴れやかに前向きになる一冊でした。

<책은 말없는 스승이며 영원한 길동무>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hesugi

Author:hesugi
 韓国語を教えています。
(学院で韓国語通信添削にも携わっています。)
 在日韓国人3世です。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。